今日のこと
by fudekodeko


<   2008年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

遠きより夜ごとにもどる愛眠る


 耳鳴りを待って一夜ですまされぬ

 たたまれた朝焼け出すのを忘れてる

 ミルク色朝にいたのが唯一の私

 
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-31 01:45

咲き冷まし空に鍵する白桜花


 森羅の血吸って咲く花鬼冷やす
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-30 01:14

皿にもる趣味あるおんなの多くって


 銀皿に首を載せたら根の生えて
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-29 00:46

かまわれていたことのないおんなの子


 母親に虚言癖あり今気づくトラウマの穴大風の吹く

 
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-28 01:05

殺すより殺さずにいる不思議


 誰だって殺したくなる午前7時殺されるふりするテレビ
 
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-27 02:52

足先が魚になって眠れない


 夜の桜みっつ数えて大笑い

 青柳の昨夜のことの疑わし
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-26 00:19

深き井戸持ち歩く水塩辛い


 底のない井戸あって水煮えている

 並びいる人に言わずの荒野おり
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-25 02:07

とじこめたアイリス暴れる情け乞う


  鳥などは何ら思うこともない細かき骨に羽の生えたる
                 
                       
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-24 01:27

嫌うでも願うでもなく立ちすくむ


 「忘れられた人々」(ルイス・ブニュエル)の中では、何人もが死ぬ。
 人間はあっけなく、簡単に殺される。
 欲望や絶望だけが累々と、存在する。
 そこには神がいない。

 人間は共通意識を持つために、神を捏造したのかしら。


    神持たぬ男現われ言いがかるその日を生きろ偽りのなく

 
      
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-23 00:49

蹄履き後ろ立ちする山羊歩く

 
  空低く浚われた子の声残る

  今日も風の強い日でした。
  夜には冷たい風に。
  ブニュエルの映画をみました。
  人間の容赦のない原型をみたようでした。
  ここまできっぱり言い切れると心地いい。
  飼いならされている人間のほうが楽だけど。
  
[PR]
by fudekodeko | 2008-03-22 01:27